2010年10月の記事一覧

あの大沢親分が胆嚢がんでお亡くなりになった

TBS系テレビ番組「サンデーモーニング」の歯切れのいいコメンテーターとして
活躍していた野球評論家の大沢親分こと大沢啓二さんがお亡くなりになった。
最近張本さんだけが出演しているなとは思っていたが、まさかご病気だったとは。
しかも胆嚢(たんのう)がんだったという。
かなり痩せられてしまったらしい。
「サンデーモーニング」では、張本さんと共に話題となった一週間のスポーツを解説し、
そのプレーに対して「あっぱれ」「喝」と評していた。
張本さんはどちらかと言えば辛口、少し重箱をつつくような粘着性があったが、

書家の榊莫山先生が急性心不全で死去

書家の榊莫山(さかき・ばくざん)先生が3日午前4時13分にお亡くなりになった。
急性心不全で奈良県天理市内の病院で最後をむかえたようです。

何かのコマーシャルに出演し、着流しで白髪頭、一目で個性的な方と分かる、
そして何より人懐こそうな笑顔が印象的でした。
何かのコマーシャル・・・調べてみると宝酒造の焼酎『よかいち』のコマーシャルだ。

莫山先生になんとなく惹かれてしまうのは、その飄々(ひょうひょう)とした生き方にあるのだろう。
20歳代という若さでで書道界の最高賞を次々に受賞し、
「孤独でなければ見えるものが見えなくなる」と野に下った。
書壇に寄らず独自の書を追究し、糖尿病や心臓病を患ってもなお、

池内淳子さんが、肺せんがんで死去

9月26日に女優の池内淳子さんが、肺せんがんのためお亡くなりになりました。
まだ76歳だというから女性としては少し早い死去。

3年前の平成19年4月に間質性肺炎と胸水貯留のため、
公演していた舞台「怪談牡丹燈籠」を降板し、そのまま治療のため入院。
しかし早々に同年の夏には、テレビドラマやCMなどで仕事に復帰したというから、仕事にかける意欲はスゴイ。

今年5月にも名古屋市で「三婆」の舞台に出演していた。
体調がすぐれない中での懸命の出演だったのだろう。

1960年代では昼ドラで不倫役などを演じていたため「よろめき女優」と言われていたようだ。

私にはその時代の池内さんは知らない。
「上品だが心が通ったきれいなお母さん役」という印象が強い。

最後まで舞台に出演していたから女優としては本望だったろう。