2015年7月の記事一覧

獣害防止用の電気柵により死亡した二人は感電死

西伊豆町一色の仁科川の支流「川金川」で獣害防止用の電気柵に7人が感電し
そのうち二人が司法解剖の結果、感電死であったことが判明した。
二人には肺に水がほとんど入っていなかったことから、
感電してすぐに心肺停止状態になったと考えられる。

この事件は、川遊びをしていた2家族6人と、助けようとした近くの住民の女性1人が被害に遭った者だ。

岩田聡氏が死去、世界がその死を惜しむ

任天堂の代表取締役社長の岩田聡氏が、11日に胆管腫瘍のため逝去したと本日・13日に発表された。
享年55歳という早すぎる死だ。

胆管に腫瘍が見つかり昨年6月に手術を受け、秋には復帰をはたし精力的なに仕事に打ち込んでいた。
DeNAとも資本業務提携してスマートフォン向けのゲームに参入をも今年の3月に発表し、
5月21日に「社長が訊く」で、Wii Uのゲーム「Splatoon」についてのインタビューが公開されていた。

矢巾北中2の村松亮君がいじめ苦に電車に飛び込み自殺

ワイドショーでも取り上げられて皆様もご存知かと思いますが、
岩手県矢巾町で5日午後7時半頃、、同県紫波郡の中学2年男子生徒・村松亮くん(13)が、
JR東北線矢幅駅に進入してきた電車に飛び込み死亡する事故がありました。

村松亮くんの父親は6日、県警から返却された生徒の「生活記録ノート」に、
「なぐられたり、けられたり、首しめられたり」と暴力を受けていたことが
書かれているのを見つけ、いじめがあったことを初めて知ったようだ。

その「生活記録ノート」には、担任に同級生からいじめられており、
何とかして欲しいと担任に訴えていた。

しかし担任は、その悲痛な村松亮くんの訴えに応えることはなかったようだ。

村松亮くんの「氏(死)んでいいですか(たぶんさいきんおきるかな)」と自殺を示唆した時には、
いじめが分かっているはずなのに担任は
「どうしたの? テストのことが心配? クラス? 村松亮くんのの笑顔は私の元気の源です」などと生活記録ノートに書くだけ。

東海道新幹線の列車内で焼身自殺を図った男の身元が判明

30日午前11時半ごろ、東海道新幹線の列車内で焼身自殺を図った男の身元が判明した。
東京都杉並区西荻北に住む林崎春生(はやしざき・はるお)、71歳だ。
2階建てアパート1階に部屋を借りていたが、異様な行動が近隣住民らに目撃されていた。
窓ガラスが割られていて、部屋はダンボールで埋め尽くされ、
時折、電話相手を怒鳴りつけていたようだ。

このように無関係の他人を巻き込む自殺を『拡大自殺』というようだ。
今回は830人もの無関係の乗客が巻き込まれた。
煙が充満する車内を逃げ惑った。
証言によると「1号車から逃げてきた男性は髪の毛が焼け、顔がすすで真っ黒になっていた。幼い子供も表情をなくしていた」。