検索結果

タグ検索

弔電・お悔やみ電報の文例・netで“ショーケン”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ショーケンこと萩原健一の芸能界での軌跡を画像で知る、その一

ザ・テンプターズのヴォーカリストとしてデビュー

萩原健一は、現在は廃校している東京都荒川区の聖橋高校を2年の時に中退している。
その理由は1967年、17歳でザ・テンプターズのヴォーカリストとしてデビューしたからだ。
ザ・テンプターズは、元々かまやつひろし氏や堺正章、井上順が率いるザ・スパイダースの弟分バンドだった。

ザ・テンプターズのデビュー曲名は「忘れ得ぬ君」。
翌年の1968年にも「エメラルドの伝説」、「神様お願い!」、「おかあさん」と曲を出し、大ヒットさせ凄まじい人気を誇っていた。

しかしショーケン自身は、ザ・テンプターズを早く辞めたくってしょうがなかったようだ。
なぜかといえばザ・テンプターズばかりでなく、
当時のグループサウンズは、女性受けするヒラヒラとした衣装を着せられ、
アイドル化させられていたのが気にも入らなかったからか、
熱烈なファンの支持を受けながら、1970年には、ザ・テンプターズは解散してしまった。

そのザ・テンプターズの面々の画像。

ten.png

ショーケンも加わったグループサウンズのPYG

しかしザ・テンプターズ解散して直ぐにショーケンらは、グループサウンズのPYG(ピッグ)を結成している。

タグ

萩原健一、ショーケン死す。妻・冨田リカさんとのツーショット画像

萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・萩原敬三)さんが、68歳でお亡くなりになりました。 萩原健一の往年の活躍を知っているものなら、 ショーケンと呼ぶのほうがしっくりとくると思うので、 ここでは萩原健一さんのことをショーケンと呼ばせて頂きます。

ショーケンは、26日午前10時30分に都内の病院で、妻である冨田リカ(57)さんに看取られてお亡くなりになった。

s1.png

妻・冨田リカさんによると 「最期は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠るように息を引き取りました」とコメントを発表している。

最後を苦しんで迎えなかったことが救いだと「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人は思わずいられない。 病名は聞きなれない消化管間質腫瘍(GIST)とのことだ。

ショーケンは、28日に亡くなったとの報が発表されたが、 すでに葬儀は家族葬が営まれ、27日には都内の斎場で荼毘に付された。 亡くなって翌日には、荼毘に付したのだから、かなり急なことだと思うが、 これは萩原さんの意思によるものだったようだ。

芸能人の場合、密葬であっても、後からお別れ会など執り行われるが、 残念ですが、これも萩原さんの遺志により行われないようです。

死因となった病・消化管間質腫瘍に2011年より闘病生活に入っていたが、 このことも萩原さんの強い要望で公表されることはなかった。

消化管間質腫瘍・GISTとは

ショーケンノシ委員となった消化管間質腫瘍・GIST(ジスト)とは、どんな病であるかを紹介しますね。 癌とは違うようです。 粘膜にできるのではなく、胃や小腸など消化管の壁にできる肉腫の一種で、 10万人に1~2人しか発症しない稀な腫瘍になるようです。

発症は男女の差はありませんが、中高年から多くなり、60代が発症のピークとなります。 自覚症状がなく、切除手術や抗がん剤などで治療がなされます。

このような珍しい病気を患ってしまうのは、特異な才能を持ったショーケンの業を感じてしまう。

タグ