検索結果

タグ検索

弔電・お悔やみ電報の文例・netで“ニュージーランド”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ニュージーランドの銃乱射事件の犯人、ブレントン・タラント容疑者

ニュージーランドでの悲惨な銃乱射事件。 オーストラリア人のブレントン・タラント容疑者(28)が、 ニュージーランドの中部に位置する都市・クライストチャーチで引き起こした 銃乱射テロ事件の死者数は3月17日現在、50人となってしまった。

実はこの乱射事件の9分前に犯行声明の「マニフェスト」が送られていたのだ。 送られたその先は、ニュージーランドのアーダーン首相の元に送られていたのだ。 もちらんアーダーン首相は、メールを治安担当者に即転送したという。 犯人が送ったマニフェストには、犯行場所が記載されていなかったので特定できなかったようです。

でも本当にこんな惨劇が起こってしまうのなら、 犯行場所が特定されていなくても警戒するように注意喚起をすることが できたかもしれないと「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人は思ってしまう。 いや、これほどの犯行を事前に知ることができなかったのは危機意識が足りなかったのではとも思えてしまう。

こんなテロがニュージーランドで起きてしまうのは信じられない。 こういうと批判を浴びるのを承知で言わせてもらえば、 移民政策を行っていて、移民が増えている国、地域では、このようなテロがどんな国であっても起こりうることなのだ。

ニュー時ランドと言ったら南半球に位置し、自然の中に人々が生活をし、穏やかに暮らしていると思っていた。 それなのにこんな悲惨なテロ、乱射事件が起きてしまったのだ。

いや私たち日本人なら、どんな悲惨なことが起きても起こりうることを分かっているはずなのだ。 だってオウム真理教によって引き起こされた数々の事件。 オウムの最終的な目標は、国会議事堂の上空にサリン毒ガス弾の空中投下し、国会議委員を無差別に殺害し、日本国をわがものとしようとしていたのだ。 SFや漫画でなく、こんな荒唐無稽なことを実行しようとしていたのだ。

今回の50名もの死者を出したこの乱射事件は、28歳のブレントン・タラント容疑者のたった一人の男によって起きてしまった。

タグ