北公次さんの告別式が執り行われた

北公次さんの告別式が執り行われた

一世を風靡したフォーリーブスの一員であった北公次さんが、今月の22日に肝臓がんにより
63歳と言う若さで死去し、本日26日に告別式東京葬祭慈光殿で執り行われた。

ファンを含め700名以上の方が参列し、早すぎる死を悼んだ。

北公次さんは波乱万丈にとんだ人生だったといえる。
フォーリーブスはジャニーズ所属のグループであったが、そのリーダーとして「オリビアの調べ」などのヒット曲をだし、紅白にも出場した。
フォーリーブス解散翌年には覚醒剤取締法違反で逮捕されたり、暴露本を書くなどして、芸能活動らしいことはしていなかった。
それでも2002年にフォーリーブスを再結成して活動をしていた。

去年の5月に肝臓がんと診断され闘病生活をしていたが、癌と言う病魔から逃れることはできなかった。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人からも北公次さんのご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/33

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)