ユッケ食中毒事件

ユッケ食中毒事件

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒の被害者は、
現在109人で、死亡した4人と疑い例1人、重症の患者は24人となっている。
死者を3名出した富山県砺波市の「焼肉酒家えびす」砺波店では、
平成21年1月の開店以来、保健所の立ち入り検査は一度もなかったという。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人の管理人は、ユッケを食べたことがない。

正直生肉の上に生卵を乗せているユッケを食べてみたいとも思はない。
今回の食中毒事件では子供にユッケを食べさせているが、どう考えても子供に食べさせていい食べ物ではないだろう。

生食用のお肉というのは、日本では流通していないことになっているらしい。
それでも厚生労働省の衛生基準に基づいたトリミングをきちんとやっていたならこんな悲劇は防げたかも。
心よりお悔やみを「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人より申し上げます。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/14

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)