児玉清さん、胃がんで逝く

児玉清さん、胃がんで逝く

「アタックチャ~ンス」の掛け声で親しまれていた児玉清さんが16日、東京都内の病院で胃がんのためお亡くなりになった。
「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人の管理人より、児玉清さんのご冥福をお祈りします。

児玉清さんは、肝機能障害のため今年の3月30日に入院し、療養していたが、
5月の12日に「パネルクイズ アタック25」の収録が予定されていたが、
当面の間休演させてほしいとの連絡があったようだ。

しかし実際は生死をさまようような状態だったのだろう。

今年2月下旬に児玉清さんは、体調不良により都内の病院で検査をし、胃がんが発見。
肝臓への転移が有り、前述のように入院となり、5月16日に帰らぬ人となってしまった。

児玉清さんには、娘さんがいたのだが、その娘さんも36歳の若さで胃がんで亡くなっている。
しかも当時4歳の息子を残してである。

親より早く子供が無くなってしまったが、同じ胃がんとは血筋か。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人の管理人も「がん」の血筋。
他人ごとではない。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/15

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)