震災で亡くなった子供たちに手作りのおもちゃ

震災で亡くなった子供たちに手作りのおもちゃ

東日本大震災で多くの子供たちが犠牲となった。
その子供たちのご冥福をお祈りする為に手作りのおもちゃを
捧げようという取り組みが金沢市内の小学校生たちによって行われた。
大切な事ですね。「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も共感します。

このおもちゃ作りを一緒に取り組んでくれるのが、「手づくり手あそび倶楽部」のインストラクター高砂二郎さんだ。
高砂さんは被災地に赴き、子供たちにおもちゃ作りを教えるボランティア活動をしてきた。

怖い思いをして逝ってしまった子供たちの霊を慰めることも重要だ。

作ったおもちゃは、今回は宮城県石巻市の大川小学校の亡くなった児童74人に捧げられる。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も心からご冥福をお祈りします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)