プロゴルファーの杉原輝雄氏がお亡くなりになった

プロゴルファーの杉原輝雄氏がお亡くなりになった

努力の人「日本プロゴルフ界のドン」とも呼ばれていたプロゴルファーの杉原輝雄氏が亡くなった。
「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人が思うに、74歳で亡くなったので、

日本男性の平均寿命から考えると早すぎる死と言ううわけでもない。

死因は、前立腺がんがリンパに転移したものである。
杉原輝雄氏は、既に98年に前立腺がんであることを公表していましたが、手術することにより引退することを拒み、
ホルモン注射や投薬治療による治療を選び、現役にこだわった。

しかし2008年にリンパに転移し、進行が早まった。

杉原輝雄氏は、160センチという小柄な身長ながら、プロであることに勝つことにこだわった一生と言える。

杉原輝雄氏のフェアプレーにこだわり、勝負に執念を燃やしたその姿勢から、
時には辛辣な言葉を吐いたが、言われた相手も反発しながらもその真摯な取り組みに尊敬の念を抱いていたようだ。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も杉原輝雄氏に対して、心よりご冥福をお祈りします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/28

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)