あの「アマン」で知られている

あの「アマン」で知られている

肺がんにより「分かれても好きな人」などで知られていた歌手のシルヴィアが亡くなった。
52歳という若さだの他界はあまりにも早いと言わざるを得ない。

肺がんが検査により分かったのは昨年の五月で、すでに末期・ステージ4だった。
このステージになると手術はできる状態でないため、抗がん剤や放射線治療となってしまう。
約一年半になる闘病生活になるが、病院で治療に専念していたのではなく、直前まで歌手活動をしていたようだ。
当初、余命半年と告知されたが、めげることなく今年の8月もイベントに出席していたという。

シルヴィアさんと「アマン」でデュエットした歌手の菅原洋一は、その歌声を
「お米のような声。毎日、聞いても違和感がなくて、いい意味で癖がなかった」と偲んでいた。

52歳という若さだったから肺がんの進行が早かったのだろうか。
発見されたときが、末期の状態なんて辛かったと思います。
余命半年を告げられ、抗がん剤で髪が抜け落ちても、ウイッグを被りながら、
歌手活動をしていたというから、気持ちが強い方だったのでしょう。

葬儀は近日中に親族のみで営まれる予定とのこと。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)