京都死傷事故、運転手はてんかんだった

京都死傷事故、運転手はてんかんだった

京都市東山区の祇園で痛ましい事件がおきた。
乗用車が歩行者を次々とはね、その犠牲者は7人もの人を死なせ、9人が怪我をしたものだ。

テレビをつけっぱなしにしていたら、昼過ぎのワイドショーから12日午後、京都市東山区の祇園で乗用車が歩行者を次々とはたというニュースが報じられた。

秋葉原のような確信的に人をはねたのか、アクセルを踏み間違えたための偶発的な事故なのか、てんかんなどの病気によるものか、詳細は不明のようだった。

親族によると運転していた藤崎容疑者は、てんかん持ちでその症状はひどく、自宅では車の運転をさせないようにしていたようだ。

容疑者も電柱に激突し死亡してしまった。

なんとも遣り切れない事件だ。
亡くなられた被害者の方に、「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人は心よりご冥福をお祈りいたします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/36

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)