アパルトヘイト撤廃に尽力したマンデラ氏死去

アパルトヘイト撤廃に尽力したマンデラ氏死去

南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離)政策撤廃闘争を率いたマンデラ氏が5日午後8時50分(日本時間6日午前3時50分)ごろ、
ヨハネスブルクの自宅で死去した。
95歳でした。

当時南アフリカは、白人が黒人を差別するアパルトヘイト政策を行っており、
その撤廃を求めて闘争していたが捕えられ27年間刑務所生活を強いられたが、
獄中でも反アパルトヘイト闘争を率いていた。

90年に黒人融和政策により釈放され、91年にアパルトヘイト終結が宣言
93年にノーベル平和賞を受賞し、94年に南アフリカにおいて大統領に選ばれ、99年まで務めた。

南アフリカでのアパルトヘイトは、人口の15%の白人が黒人をはじめとした有色人種を差別した政策でかなり過酷であった。
マンデラ氏の逮捕後、黒人に対する虐殺事件も頻繁していた。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人は、マンデラ氏の不屈の精神に深く感銘を受けるとともに、ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申しあげます。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/50

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)