山本文郎さんが肺胞出血でお亡くなりになった

山本文郎さんが肺胞出血でお亡くなりになった

79歳で元TBSアナウンサーの山本文郎さんが26日にお亡くなりになった。
死因は、肺胞出血。親族だけでみとったようです。
人から好かれる性格で、「ブンさん」の愛称で親しまれていた。

大学(早稲田大学第一文学部)の後輩には、逸見政孝がいる。

94年退社後はフリーアナウンサーとして活躍しており、
私生活でも2008年に31歳も年下の山本由美子夫人との再婚し、公私ともに充実していた。。
前妻は34年間連れ添ったが1997年の元日に脳梗塞で亡くしている。

男からは後輩、先輩問わず好かれており、
女性からも31歳もの年下女性と結婚できるのだから、色気もあったのだろう。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も「ブンさん」のようになりたいと憧れてしまう。

山本文郎さんのご逝去を悼みます。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/54

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)