柳生博さんの長男柳生真吾さんが癌で死去

柳生博さんの長男柳生真吾さんが癌で死去

2000~08年の8年間、NHK「趣味の園芸」のキャスターを務めていた柳生真吾さんが
47歳の若さで5月2日にお亡くなりになった。
咽頭(いんとう)がんによるもので、葬儀は近親者で営んだ。
柳生真吾さんは30代後半に既にがんを患い治療をしていた。
仕事も継続してやっていたようだが、最近は治療に専念。
5月2日に容体が悪化し、持ち直したかのようだったが再び悪化し帰らぬ人となってしまった。

「柳生」と聞いて「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人だけでなく

ピーンときた方もいると思いますが、
柳生真吾さんの父親は、俳優の柳生博さんです。
父親である柳生博さんは78歳になるが、ご健在で山梨の山中に居を構え、
ここを生活の拠点として俳優業の他に作庭活動も行っている。

その影響か息子である柳生真吾さんも園芸家として活動していた。
親よりも子供が早く亡くなってしまうのはとても悲しい事です。

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人としては、
柳生博さんの家族の心中をお察しいたしするとともに柳生真吾さんのご冥福をお祈りいたします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/65

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)