お笑い番組の名プロデューサー・横澤彪さんが亡くなられた

お笑い番組の名プロデューサー・横澤彪さんが亡くなられた

テレビ界の「お笑い」を手がけ、数々の人気番組を築けあげた横澤彪さんが73歳でお亡くなりになった。
81~89年に放映された「オレたちひょうきん族」は、当時高視聴率を稼いでいた「8時だョ!全員集合」より高い視聴率を出したことから、プロデューサーとして高い評価を得たようだ。

そして今なお放映している「笑っていいとも」も横澤さんがプロデュースした。
タモリは今では、国民の「おもちゃ」だが、それまではどちらかと言えば出川のような嫌われ芸人だったように思う。
イグアナを真似たり、少なくとも女子供には好かれていなかったのではないだろうか。
そんな人物をお昼の顔として起用した。
今のタモリの人気、そして長寿番組となったのだからスゴイとしか言いようがない。

もっともそこには緻密なリサーチがあったようだが。

横澤さんが、お笑い番組でもお昼の番組として成立し、芸人がみんなに愛される礎を築いた、と言っていいだろう。
それが無かったら吉本も芸人養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」を作らなかった?

まぁっ、それほど横澤彪さんの功績は大きい。
73歳で亡くなられたのは、少し早い感がするが、心よりご冥福をお祈りします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)