高槻殺人事件、山田浩二容疑者の素顔

高槻殺人事件、山田浩二容疑者の素顔

13日に平田奈津美さん(13)の遺体が大阪府高槻市の物流会社の駐車場で見つかったが、
大阪府警は21日に山田浩二容疑者(45)が関与した疑いが強まったとして、死体遺棄の疑いで逮捕した。

そして行方不明になっていた同級生の星野凌斗(りょうと)さん(12)も同日に同府柏原市の山中で遺体が見つかった。

星野君と平田さん.jpg

「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理は、二人のご冥福をお祈りせずにはいられません。

しかし山田浩二容疑者は女の子を乗せたのは認めているが、
遺体を遺棄したのは、その時一緒にいた同乗者だとして
「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人としては腹立たしいが、容疑を否認しているという。

山田容疑者は、13年前の2002年にも同様の犯罪を犯していた。

山田浩二容疑者の素顔.jpg

同年の3月8日に大阪府寝屋川市の京阪寝屋川市駅前のロータリーで、
見つけた男子高校生と無職少年の17歳の2人を道案内して欲しいと
車に乗せ2人を一つの手錠で拘束し、更に両手足を粘着テープでぐるぐる巻きにしてから、
高校生の顔や胸をライターであぶり、やけどを負わせたという。

その3週間後の3月31日にも中学2年の男子生徒を同様の犯行をしていた。

相手の親切心につけ込んで、少年に対して残虐な行為をする。

やっぱりこのような性癖は矯正されることがないのか。

今回は二人の命を奪った山田容疑者に極刑を望むのは「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人だけではないだろう。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/77

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)