埼玉・熊谷の6人死亡の経緯

埼玉・熊谷の6人死亡の経緯

埼玉県熊谷市で計6人(昨日では4人)が、
ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)殺害された事件の経緯が分かってきました。
あまりにも悲惨さに「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も激しい怒りを禁じ得ない。

事件の経緯は下記に記載した。
13日に不審な外国人が不法に住居侵入していたので、
家人が怖くなり、すぐそばにある消防署の分署へ助けを求めた。
そして熊谷署に連れてこられ男から事情を聴いていたが、たばこを吸うために 玄関先に連れて行くと、隙を見て逃走してしまった。

これからが一連の惨劇の始まりとなった。

まだ犯人が確定されていないが
14日に田崎稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)が刺されて死亡していた。

16日に一人暮らしの白石さん(84歳)が浴室で血を流し殺害されていた。
ナカダ容疑者が転落した住宅で、加藤さんら3人が死亡していた。
加藤美和子さん(41)は1階で、娘2人{小学5年美咲さん(10)、同2年春花さん(7)}は2階で刺殺され、それぞれクロゼットの中に入れられていた。

ナカダ容疑者は現在重体とのことだが、何の罪のない市民が無残に殺されてしまった。

一番憎むべきはナカダ容疑者であるが、熊谷署の大失態にも怒りを覚えてしまう。
「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人から、改めて皆様のご冥福をお祈りいたします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/79

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)