ナカダ容疑者に家族を殺された夫の悲しみ

ナカダ容疑者に家族を殺された夫の悲しみ

埼玉県熊谷市で6人がナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン(30)によって殺害されてしまった。

その中に母親・加藤美和子さんと二人の小学生も殺害されてしまったが、加藤美咲さん(10)、春花さん(7)の姉妹は、学校から帰宅後間もなくだったようで、同級生の話によると、姉妹は学校から午後3時ごろ帰宅し、その後、午後3時半~4時ごろに室内で殺害されたようだ。
母親も同じ時間帯に刺殺された可能性が高い。

この突然の惨劇に直視できるものなどいないだろう。
なぜこの親子を含み六人に手をかけたのか、
ナカダ容疑者は、意識不明の重体のため、真実が明らかにされていない。

加藤美和子さんの夫で姉妹の父親は、事件直後に熊谷署に駆けつけた時、署の一室で声をあげて泣いた。

辛いでしょうね。「弔電・お悔やみ電報の文例・net」の管理人も涙を禁じ得ない。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/81

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)