池内淳子さんが、肺せんがんで死去

池内淳子さんが、肺せんがんで死去

9月26日に女優の池内淳子さんが、肺せんがんのためお亡くなりになりました。
まだ76歳だというから女性としては少し早い死去。

3年前の平成19年4月に間質性肺炎と胸水貯留のため、
公演していた舞台「怪談牡丹燈籠」を降板し、そのまま治療のため入院。
しかし早々に同年の夏には、テレビドラマやCMなどで仕事に復帰したというから、仕事にかける意欲はスゴイ。

今年5月にも名古屋市で「三婆」の舞台に出演していた。
体調がすぐれない中での懸命の出演だったのだろう。

1960年代では昼ドラで不倫役などを演じていたため「よろめき女優」と言われていたようだ。

私にはその時代の池内さんは知らない。
「上品だが心が通ったきれいなお母さん役」という印象が強い。

最後まで舞台に出演していたから女優としては本望だったろう。

日本では肺腺がんの発生は高いようだ。
そして女性の方がかかりやすいようで、70%程度を占め、男性は40%程度になるようだ。
早期では症状が分かりにくいようで、発見が遅れてしまうことが多いようだ。
分かった時には、肺癌がかなり進行してしまっている。

池内淳子さんのご冥福を心よりお悔やみ申し上げます。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.choui.net/blog/mt-tb.cgi/1

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)